FC2ブログ

記事一覧

ドイツ人絶滅計画

ドイツ人絶滅計画がやっと現実化へ?

フートン計画Hooton-Planとは、1940年代にハーバード大学の人類学者アーネスト・フートン博士が発表した人種学の論文である。その中で、ドイツ人が人種差別的な人種という仮説を立て、その故にドイツ人の国家主義と攻撃的観念と遺伝による捕食行動を絶滅させ、ドイツ人を永久に服従させるために、心理学的・社会的な再教育ではなく、生物学的な„Umzüchtung“「再育種」とUmvolkung「民族交換」が必要だと主張する。
 1943年1月4日にフートンはニューヨークの雑誌„Peabody Magazine“誌で、„Breed war strain out of Germans“(「育種によって戦争の血統をドイツ人から退治する」)という記事を発表した。その中で、何らの歴史的な根拠もなく、特にドイツ人は人種として戦争への傾向があると主張し、ドイツ人の国家主義を破壊するために人種の再育種を要求した。この目的のために、全てのドイツ人が一律に「モラル的痴呆」だとし、出産率を減少させ、主に男性の非ドイツ人の流入を促進させることを要求した。

 「(占領と監視の)この期間中は非ドイツ人の人々、主に男性のドイツへの入国と移住を促進するべきである。」

 ドイツ人人口における反抗を避けるために、この「再育種」を時間もかけて、ゆっくりと行うことを提案した。また1944年10月10日にもニューヨークタイムズ等で同じような意見を述べた。ドイツ人の好戦的な遺伝素質を多様の遺伝子組み換えによって抹消するために、ドイツ国防軍の構成員を20年間以上も連合軍の国々で労働奴隷として投入することも推奨した。
 
 また、記者ウィリアム・シーラ―もドイツ人の共同責任の考えを唱え、 „They are all guilty – punish them“ 「有責者は罰せよ!」という論文にて、生物学的絶滅の異なる方法を提案した。即ち、ドイツ人男性を強制労働者として隣国に行かせ、その隣国の諸民族の遺伝を、ドイツ人の「戦闘的素質」の遺伝子で充実させるという対策を講じた。 

 さて、近年の難民危機、無制限・無資格の移民入国(どくちん「ドイツ人絶滅?」、「ドイツの未来とは」)と左派が一斉に唱えるドイツ人の共同責任、ナチ犯罪の原罪といういわば民族マゾヒズムの考え方(どくちん「加害者は被害者」)、そして、幼い児童の性発達を意図して妨げる「性的多様性」の教育(どくちん「児童虐待の性教育?」、「強制変態化教育?」)は、まさにこのフートン計画の70年遅れの実行でなければ、何だろう?


ハンブルク市の緑の党の議員:
「我々ドイツ人が近い内に(ドイツで)少数派になるが、これは良いことなのだ!」
Minderheit.jpg
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 記事をシェアさせていただきたいのですが。。

八紘一宇様、

コメントありがとうございます。

はい、是非この衝撃的な事実を広げて頂きたく存じます。
自分の国民の撲滅を図る政治家、そして尚且つ、その政治家が投票民衆が存在するなんて、
このどう考えてもあり得ない事実を広げてください。

小生のブログを引用しても良し、リンクを付けても良し。
一部を引用されるときは、弊ブログのリンクを付けて頂ければ
幸甚です。

そして、余談ですが、今までの弊ブログへの反響と言えば、フートンプランの記事が多いです。
是非、最近の記事にも御一読頂ければ、幸いです。

よろしくお願いします。

どくちん

> こんにちは。貴重な情報、ありがとうございます。
>
> この「フートン計画」、きわめて重要な情報であり、多くの日本人が知るべき情報だと思いました。
>
> そこで弊ブログでもこのフートン計画のことを記事で取り上げたいのですが、ここにある記事の一部もしくは全文を引用させていただくことは可能でしょうか?  もちろん出典を明記した上、リンクもきちんと張らせていただきます。
>
> もしご無理なようであれば、リンクだけでもかまいません。少しでも多くの日本人がこの重要な情報に触れる手助けをしたいと考えております。
>
> お忙しいところたいへん恐縮ですが、ご検討いただけますようお願い申し上げます。

No title

ご快諾いただき、ありがとうございました。

早速、記事にさせていただきました。

https://hakkou-ichiu.com/archives/12970

またざっと拝見いたしましたが、貴ブログには他にも興味深い記事がたくさんあるようですね。そのうちまた弊ブログで取り上げさせていただけたらと思います。その際はよろしくお願いいたします。

Danke schön!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

dokuchin

Author:dokuchin
「どくちん」とは、「独逸沈没?」の略であり、最近のドイツの社会・政治的状況を日本の皆様に知らせるための情報サイトかつ議論の場として設立させていただいたブログなのです。

 いつもドイツのことにご興味を持っていただけることは誠に嬉しく存じております。

 しかし、最近のドイツは、無制限・無資格に自称の難民を受け入れながら、治安の悪化とテロ事件の増加との関連が一切否定され、その上、この移民政策を非難する理性のある人々の意見と発言の自由を制限する動きが著しく高まっています。
 第二次世界大戦から学び、反省し、責任を持つという世界で最も模範的な民主主義のはずのドイツは最近どうなっているのか、これを啓蒙するためのブログであります。

 尚、個人の一言ですが、小生は日本在住のドイツ人であり、左も右でもなく、あくまでも即物主義者です。断じて、反移民や人種差別主義者ではありません。自らの意思で日本に住んでおり、外国人となったのです。ただ、世界のどこの国でも一般常識のことが今のドイツで倒錯しているので、日本の皆様にお知らせしたいと思い、このブログを始めたのです。

 いつもご高覧いただき、誠にありがとうございます。

 なお、小生の拙い日本語をくれぐれもご理解、ご容赦を賜りますよう、お願い申し上げます。コメント、批判、そして、日本語的に意味不明なところにお気づきの方はご気楽にメッセージを残して頂ければ幸甚です。
 コメントを残すには、「続きを読む」を押して、右下の「CM」を押して頂ければ書き込みができます。

 また、このブログに記事で貢献したい方や、知りたいテーマのご要望の方も是非メッセージを残して下さい。奮ってご参加ください!

 更に、ドイツ語を勉強されている皆様、そして先生の方々のためにドイツ語勉強のコーナーを新設し、単語リスト等を公表しています。どうぞ、ご自由にご活用下さい。

記事の引用は歓迎ですが、その際、または単語リストのご利用の際は、必ずコメント欄にご一報を頂けますよう、お願い申し上げます。

 何卒宜しくお願い致します

Dokuchin